脳神経の難病と向かい合う病院「神経病院」


神経病院は脳神経難病と向き合っている患者さんと向き合うことになる都立病院です。脳神経にまつわる病の多くはいまだに原因が特定されていないものもあります。そのために、患者さんは長期にわたってそんな病と向き合っていくことになるのです。さらにハンデキャップも背負っています。そんな患者さんたちと向き合い、支えていくという喜びを感じることができるのが神経病院で働く看護師の役割であり、やりがいなのです。


神経病院の詳細情報


ナース人材バンク
ナース人材バンク
看護師の紹介実績NO.1。人気の高い都立病院への転職を徹底サポート!人気の非公開求人も紹介します。
詳細はこちら
マイナビ看護師
マイナビ看護師
1分でカンタンに登録!看護師の転職定番サイトはマイナビ看護師。お客様満足度96%の実績!
詳細はこちら
ナースフル
ナースフル
都立病院への転職サポートだけじゃない!年収600万円やボーナス6.5ヶ月の好条件求人を紹介!
詳細はこちら


強い思いやりが必要になってくる

脳神経の病と向き合う患者さんは社会的にハンデキャップを背負っていたり、強い不安を感じていることも多々あります。そのため、たんに看護するというだけではなく、介護するというレベルの気持ちも必要と言われています。つまりは患者さんをほかの病院以上に助ける場面が多くなりますので、そうなれば当然ながら看護師の心の中には患者さんを思いやるという気持ちが必要になってきますので、その点だけは心得ておくようにしましょう。


脳神経患者の対応は個々で異なる

脳神経の病を抱えている患者さんというのは、どのように看護をおこなっていけばいいのかは千差万別だと言われています。普通の病であればその内容に従って患者さんをわけて、それぞれの対応をおこなっていけばいいのですが、脳神経の場合には病でわけることはできず、あくまでも個々でわけるしかないのです。そのため、患者さんひとりずつで異なる対応を丁寧におこなっていくことができる看護師の存在が求められているというわけです。



看護師の紹介実績NO.1。人気の高い都立病院への転職を徹底サポート!人気の非公開求人も紹介します。 >>>